アンドモワ株式会社が運営する「竹取御殿」のあったか鍋で美味しく温まろう

大学生の時にウィンタースポーツを楽しむサークルに入っていました。冬になり雪が積もる時期になると、サークルメンバーで一台の車に乗り込み、スキー場に向かうのは常になっていました。学生なので金銭的な余裕がなく、スキーやスノーボードの装備を購入したらお金がなくなり、メンバーの家に転がりこんで1つの鍋に複数でお箸をつっこんで食べていました。肉や魚などはほとんど鍋には入らず、練り物や野菜、豆腐ばかりでシンプルな味付けでしたがとてもおいしくて思い出の味になっています。そんな青春時代を一緒に過ごしたサークルメンバーとも、大学を卒業して就職先がばらばらになると、顔を合わせる機会も自然となくなってしまいました。しかし先日、10年ぶりに恩師である教授が退任することになって集まる機会がありました。退任パーティーだけでは、積もる話を消化することができなかったので、近くのお店で飲み直そうということになりました。パーティーではほとんど食事を口にすることができなかったこともあり、おいしい料理を食べたいということになって、アンドモワ株式会社の経営している居酒屋に行くことになりました。アンドモワ株式会社の経営する居酒屋は色んな場所にあるので、今まで何回もお世話になったことがありました。パーティー会場になったホテルからほど近いところに、アンドモワ株式会社の経営する「竹取御殿」があることがわかったので、10人というメンバーが入れるかどうか電話をかけることにしました。そうしたらお待ちしていますと言ってもらうことができたので、竹取御殿に向かうことにしました。かなり外気温が下がっていて体の芯から冷え込んでいたので、あったか鍋で温まろうということになりました。ただ竹取御殿は居酒屋なのにあったか鍋があるのか心配でしたが、心配は無用でした。創作料理のメニューの中に、あったか鍋があったので早速注文することにしました。その他にもおいしそうな創作メニューが豊富で、他の居酒屋とは違った特徴があるのが魅力でした。部屋も大小の個室が用意されていて、10人のメンバーが余裕を持ってくつろげる個室は掘りごたつになっていて居心地が良いものでした。注文したあったか鍋は旬の食材がふんだんに使われていて、とてもおいしいものでした。サークルメンバーと鍋をつついているうちに、昔のことが思い出されて懐かしくなりました。居心地の良い空間に親しい仲間たちと集まることができて、幸せな時間を過ごすことができました。